MENU
  • 明日彼女とのデートだけど財布の中が心もとない、恥ずかしい姿を見られたくない!!
  • 急な冠婚葬祭の予定が入ったけど、ご祝儀や御香典のお金が足りない!!
  • 週末に飲み会に誘われたけど、費用が不安!!

 

 

誰でもこのような経験をされるのではないでしょうか。どうしても急な出費というものは出てくるものです。人生の中でのお金のピンチを脱出するには、あなたならどうしますか?

 

親や友人に頼み込んでお金を借りるのもひとつの方法でしょう。しかし相手がすぐに納得してくれるとは限りません。説得に時間がかかってしまっては、急な出費に間に合わないかもしれません。

 

またお金に関するトラブルは、人間関係に大きなトラブルを引き起こします。状況次第では、これまでの関係が一気に崩れることもあるでしょう。

 

そこで金融機関からお金を借りる方法を考えてみましょう。お金を借りる=融資を受ける、には時間がかかると思われる方もおられるかもしれません。しかし、最近の金融機関では「即日融資」可能のカードローンやキャッシングなどが充実しています。

 

 

≪目次≫

  1. 即日融資でピンチ脱出!!
  2. 即日融資の審査ポイント
  3. 即日融資のおすすめポイント
  4. 即日融資可能なカードローンの特徴とは?
  5. 即日キャッシングを無利息で利用する方法
  6. 即日融資は来店不要?!
  7. 即日融資対応の消費者金融とは?
  8. 即日融資対応の銀行カードローンとは?
  9. 「即日融資 ブラックOK」に惑わされるな!!
  10. 即日借入の落とし穴

 

 

即日融資でピンチ脱出!!

「即日融資」とは文字通り申し込みを行ったその日に融資を受けることができるという意味です。申し込みから審査結果が回答されるまで、最短で30分程度。早ければ1時間もあれば、まとまったお金を借りることができるようになっています。これで日常生活でのお金のピンチを脱出することができるのです。審査結果に時間がかかってしまうと、心理的負担も大きくなるでしょう。

 

果たして自分は審査に合格できるのだろうか

もし不合格になってしまったらどうしよう

 

このような不安を抱えながら過ごすのは、非常に負担の大きいことです。その点即日融資可能の商品であれば、審査結果もすぐに回答されますので、心理的不安を防ぐ効果もあります。万が一不合格となった場合も、すみやかに次の手を打つことができるでしょう。

 

以前の金融機関の融資では、時間がかかっていたのが当たり前の状況でした。それが21世紀に入ってからの急速なインターネットの普及に伴い、情報伝達の手段も格段に素早くなりました、必要な情報を速やかに入手できることが審査時間の短縮につながり、多くの金融機関で即日融資が可能になったのです。

 

インターネットの急速な普及は、利用する側にも大きな影響を与えることになりました。

 

  • どこで申込もうか?
  • 金利や返済期限などの条件を知りたい

 

お金を借りる際の必要な情報もインターネットを利用して、すぐに手に入れることができるようになりました。多くの情報を入手して速やかに比較・検討できるようになったのです。

 

実際の申し込みでもインターネットが利用されるようになりました。各社のホームページから必要項目を入力して送信することで、審査受付が完了します。本人確認書類や収入証明書類などの必要書類も画像送信で対応できるようになっています。即日融資対応の商品であれば30分程度で審査結果がメールなどで返信されてきます。

 

会社によっては、数項目の必要事項を入力するとおおまかな審査結果が瞬時に回答される「簡易審査」も導入されています。「融資の手続きは窓口で、時間がかかるもの」と思われていた時代に比べると、本当に便利な世の中になったものです。ただし「即日融資」を上手に活用するには、いくつかおさえておきたいポイントがあります。

 

次に挙げるポイントを理解しながら、上手な借入を心がけるようにしましょう。

 

「即日融資」可能な会社・商品

当たり前のことですが、利用しようとしている会社や商品が即日融資に対応している必要があります。まずは利用を検討している会社が即日融資可能かどうか確認してみましょう。

 

一番身近な金融機関としては「銀行」が挙げられますが、「銀行」では融資に時間がかかることもあります。最近では即日融資対応の銀行も増えてきていますが、それでも全体的には時間を必要とする傾向にあります。一方「消費者金融」ではほとんどの先が即日融資に対応していますので、スピードを求めるのであればおすすめかもしれません。

 

即日融資可能な商品にはカードローンやキャッシングが挙げられます。これらの商品は基本的に「無担保・無保証」の商品です。その分審査に時間がかからず、すみやかな利用が可能になっているのです。ただし、担保や保証人に頼った借入はできませんので、審査基準が「有担保・保証人付与」の商品よりも厳しくなる傾向にあります。

 

必要書類を確実に準備する

「即日融資」を利用するには、必要書類を確実に準備することが大切です。必要書類が準備できなければ、審査が前に進みません。事前にすみやかにどのような書類が必要なのか事前に調べておきましょう。

 

一般的に即日融資対応の商品では「本人確認書類」「収入証明書類」の2点が必要とされています。

 

このうち「収入証明書類」については申し込み金額によっては提出不要としているケースもあります。ただし、審査の過程において要求されることもありますので、事前に整えておけば無難でしょう。

 

申し込み時間帯

「即日融資」を利用するには、その日に審査が完了して融資手続きも完了する必要があります。それには、申し込み時間帯に注意しなくてはいけません。深夜に申込んでその日に融資を受けることは、いくらなんでも不可能です。

 

最低でも平日の14時、できれば平日の午前中には申込み手続きを完了させておきましょう。土日や祝日は多くの場合、即日融資不可としているので注意が必要です。

 

即日融資の審査ポイント

申込を行ったその日に融資を受けることができる「即日融資」でも、やはり審査結果は気になるところです。「必ず審査に合格したい!!」と誰もが考えるものでしょう。

 

審査に合格するには、最低限審査項目がどのようなものであるのかを知っておく必要があります。金融機関などでは独自の審査システムを導入しています。各社に異なっており、また一般的には公表されていません

 

万が一審査に不合格となった場合でも「当社の基準に合格できませんでした」と通知されるだけで、その明確な理由を知ることはできないのです。ただし、審査が利用者の返済能力を判断する作業であることから、その内容をある程度想像することは可能です。

 

「即日融資」を利用するには、審査がスムーズに進んでいく必要があります。審査項目に問題が生じた場合には、その分判断に時間を要することになります。収入その他の状況を自分自身よく把握して、余裕のある申し込みを行いたいものです。

 

審査の過程では、担当者から質問が行われることもあります。質問にすみやかに回答できる体制を整えておくことも大切でしょう。常に連絡のつく携帯電話番号などを伝えておくとともに、質問事項にはすみやか、かつ明確に回答するようにしましょう。

 

また「即日融資」の審査では、多くの先が「スコアリング方式」を導入しています。各審査項目に基準の点数を付与して、その結果で判断しています。素早い回答が可能である一方、非常にシビアな判断が行われています。

 

それでは、できるだけ点数の高くなる審査項目の内容とはどのようなものなのでしょうか。

 

収入

なんといっても申込者の収入は審査項目でも最重要ポイントといえるでしょう。ただし単純に収入が多ければいいというわけではありません。

 

ある程度の収入が「安定」していることが高得点に繋がります。先月は60万円の収入があったが、今月は収入0という利用者と、毎月コンスタントに30万円の収入を上げている方では、後者がより有利となります。

 

勤務先

安定した収入には、安定した勤務状態が欠かせません。そのため申込書には、必ず勤務先を記入する項目が設けられています。

 

また記入された勤務先が正しいことを「在籍確認」で裏づけしますので、うその記入をしても合格することはできません。一般的に、公務員→大企業→中小企業→零細企業の順番で高い点数を得ることができます。自営業や自由業の場合には、収入自体が安定していないケースも多いことから、審査では厳しく判断されることになります。

 

「在籍確認」とは申込時に申告された勤務先が正しいことを確認する作業で、審査担当者が勤務先に電話をかける方法で行われます。

 

「在籍確認」が取れなければ審査も完了しません。勤務先が休日などの場合には、あらかじめ担当者にその旨を伝えておき、何らかの対応を依頼するようにしましょう。

 

勤務状態

一般的に、正社員→派遣社員→パート→アルバイトの順番で高い点数を得ることができます。ただし最近では「総量規制対象外」の先などを中心に、パートやアルバイトの方でも利用できる商品が増えています。返済能力が十分であれば、ある程度の金額でも審査に合格できるでしょう。

 

他社の借入

当然借入件数・借入金額ともに少なければ高点数を得ることができます。ただしどちらかといえば借入件数が多い方は不利とされています。細かい借入をたくさん利用されている方は、審査では厳しい判断が行われます。もちろん返済状況に遅れがないことは大前提となるでしょう。

 

その他、様々な審査項目が判断材料とされスコアリングされています。自分の状況をよく把握しながら、無理のない申込を行うことで、審査に合格できる可能性も高いといえるでしょう。

 

他の条件にも注意する

「即日融資」を利用する状況とは、どうしても早急にお金が必要な場合が多いでしょう。しかし「即日融資可能!!」といった宣伝だけに目が取られるのは危険です。必ず他の条件も確認するようにしましょう。

 

金利・返済方法・返済方式・返済期限などが自分の希望に合っているでしょうか。急ぐあまり条件面をおろそかにすることのないように、自分の状況に応じた利用を心がけましょう。

 

街中の金融業者の中には「誰でも即融資!!」「ブラックでも即借入可能」と宣伝を掲げている先もあります。どうしても早急に借りたい方にとっては魅力的に写るかもしれません。

 

しかしこのような業者は、いわゆる「ヤミ金」である可能性が高い業者です。お金を貸す代わりに、法外な金利や手数料を請求してきます。暴力団関係者が出入りしている可能性も高いので、決して関係を持たないようにしましょう。

 

「即日融資」を利用することでお金のピンチを脱出することができます。ただしあくまで「借金」ですので、利用は慎重に行うようにしましょう。

 

必要以上の借入を避けるとともに、申し込み前には必ず念密な返済計画を立てて、無理の無い利用を心がけるようにしましょう。

 

即日融資のおすすめポイント

「即日融資可能!!」多くの金融業者がこのような宣伝を掲げるようになりました。

 

「即日融資」とは、文字通り申し込みを行ったその日に融資を行うという意味です。数ある金融機関の中で「即日融資可能」な先を選ぶおすすめポイントとはどのような点にあるのでしょうか?

 

急な出費に対応できる

「即日融資」の最大のメリットは、急な出費に対応できるという点でしょう。急な冠婚葬祭、飲み会や遊びの誘い、どうしても早急にまとまったお金が必要なときには、即日融資可能な金融機関での借入が威力を発揮します。

 

申し込みから審査結果が回答されるまで、早ければ30分程度。1時間程度もあれば、まとまったお金を借りることができるでしょう。これで急なお金のピンチも回避することができます。

 

次の対応がしやすい

審査結果がすぐに回答されますので、万が一不合格となった場合の対応が立てやすくなります。散々待たされたあげく借りることができなかった、というのでは大きな失敗やトラブルにも発展しかねません。その点、即日融資対応であれば審査結果もすぐに知ることができますので、万が一の対策を練ることもできます。

 

精神的負担が少ない

審査結果がすぐに回答されることで、待つ側の精神的負担を抑えることができます。

 

  • 果たして自分は審査に合格できるのだろうか?
  • いったいいつになったら結果が回答されるのだろうか?

 

このような不安を抱えながら時間の経過を待つのは、大きな精神的負担を生じることになります。その点、即日融資可能であれば審査結果もすぐに回答されますので、精神的負担をそれほど感じることがないでしょう。

 

口座残高不足にも対応できる

即日融資可能な商品の多くは「振込サービス」にも対応しています。融資金を直接受け取るのではなく、指定した金融機関の口座に振り込むサービスです。

 

このサービスを利用することで、一時的な口座残高不足にも対応することができます。

 

  • 今日は家賃の支払日なのに銀行に行く時間が無い!!
  • クレジットの返済分を入金するのを忘れていた!!

 

このような場面では、即日融資の振込サービスが活躍できるでしょう。

 

即日融資可能な金融機関のおすすめポイントは他にも挙げることができます。ただし、その他の条件面もきちんと確認しておきましょう。金利・返済方法・返済期限などの各条件が自分にあった先を選択することが大切です。

 

急な出費が発生したときは、どうしても借りることだけに頭が回ってしまいます。しかしその他の条件もきちんと確認しておかないと、後々後悔することもあるかもしれません。

 

自分の状況にあった先から借入先を選ぶようにしましょう。

 

即日融資可能なカードローンの特徴とは?

急な出費、どうしても早急にまとまったお金が必要なとき、強い味方になるのが金融機関での借入です。ただし金融機関の借入といっても、その種類には様々なものがあります。数ある融資商品の中から「即日融資対応」可能な商品を選ぶ必要があります。

 

「即日融資可能」な融資商品として真っ先に挙げられるのが「カードローン」です。

 

文字通り、借入専用のカードを利用したカードローンであれば多くの金融機関が「即日融資」可能としています。審査に合格すると借入専用カードが発行されますので、そのカードをATMやCDに投入して現金を引き出すことで借入が成立します。

 

最近の「即日融資」可能なカードローンでは、融資金を指定した金融機関の口座に振り込むことも可能となっています。早ければ瞬時に振込みが完了し、口座残高に計上されます。
通常振込手数料は必要ありませんので、費用負担は考慮する必要はありません。

 

  • 今日は家賃の返済日だけど、どうしても銀行に行く時間が無い
  • クレジットカードの料金引き落としをうっかり忘れていた

 

このような日常生活の様々な場面で活躍することができるでしょう。

 

カードローンには、借入可能な「借入限度額」が設定されます。基本的に「借入限度額」に空き枠があれば、いつでも自由に借入を利用することができます。現金を引き出すのにいちいち初回のような申し込み手続きを行う必要はありません。この「いつでも自由に」というのがカードローンの最大の特徴となっています。

 

多くのカードローンが「即日融資可能」には、それなりの理由があります。まず必要書類がそれほど多くありません。基本的には「本人確認書類」「収入証明書類」の2点のみです。

 

状況次第では他の書類も要求されることもありますが、ほとんどの場合にはこの2点で審査が完了します。提出書類が少ないことにより、手続きにかかる時間が短いことに直結しています。

 

即日融資対応のカードローンは、基本的に「無担保・無保証」の融資です。審査基準となるのは、あくまで利用者本人の返済能力です。その他の条件を審査基準にしなくていい分、審査時間も短縮することが可能になっています。逆にいえば担保や保証人に頼った借入はできないということですので、注意しましょう。

 

ただし「即日融資」対応のカードローンといっても、すべてのケースで即日融資可能というわけではありません。

 

時間的に余裕を持った申し込みを行うようにしましょう。

 

即日キャッシングを無利息で利用する方法

どうしても急にまとまったお金が必要な場合、即日融資のキャッシングによる借入が非常に役立ちます。審査時間も短く、早ければ1時間程度で融資を受けることのできるキャッシングが各社で商品化されています。

 

しかし「何とかしてすぐに借りたい!!」という気持ちが強く、借入時の条件などをあまり確認しない状況も起こりうるでしょう。「とにかくすぐに借りることができる先」を選択して、後から後悔しないようにしなければいけません

 

特に「金利」の問題は今後の生活にも大きな影響を与えます。できるだけ低い金利で借りるようにしなければ、後々の返済負担が非常に大きいものとなこともあります。即日融資対応のキャッシングは、そのスピードの分、やや金利が高めに設定される傾向にありますので、より金利には慎重にならなければいけません。

 

そこでおすすめなのが「無利息」のキャッシングです。お金を借りるのに無利息、つまり金利0で借りることができるのをご存知でしょうか。消費者金融を中心に探してみると、意外と多くの先でこのようなサービスを提供していることに気づくでしょう。

 

無利息のキャッシングは、通常初回利用者に対して一定期間無利息の貸出を提供するサービスです。初めて自分の会社を利用する方に対して無利息サービスを提供して、顧客を勧誘しようというわけです。いわゆる顧客獲得のための営業戦略ですが、もちろん利用する側としてもありがたいサービスであることには変わりありません。

 

無利息期間は各社により異なっています。1週間、30日、180日といった無利息期間が設定されていますので、自分の状況に合った先を選ぶようにしましょう。180日といえば半年以上も金利0でお金を借りることができるわけで、その便利さはいうまでもないでしょう。

 

もちろん無利息期間が経過してしまうと、通常の利息を支払う必要があります。さらに一般的には「無利息期間=返済期間」となっていますので、経過してしまうと「延滞利息」が発生してしまいます。これではせっかく無利息で借りた意味がありません。

 

利用前には、必ず無利息期間内で返済できるように念密な返済計画を立てるようにしましょう。

 

  • あと数日待てば給料が入ってくるので、その間だけ借りたい。
  • 保険金が下りる前に入院代を支払いたい。
  • 友人と飲み会だけど銀行口座から出金するATM手数料がもったいない。

 

日常生活の様々な場面で、無利息キャッシングは活躍しそうです。しかも「即日融資」対応ということで素早い借入が可能であれば、なおさら利用する機会も多いかもしれません。

 

即日融資は来店不要?!

金融機関でお金を借りるには、

  1. 窓口に赴いて、申込手続きを済ませる。
  2. 審査完了まで数日間。
  3. 合格したら再び窓口を訪問して契約、お金を借りる。

この流れが「当たり前」でした。しかし現在では、これは「当たり前」ではなくなっています。

 

  1. 審査完了まで数日待つ必要がない=即日融資
  2. 窓口で申込や契約を行う必要がない=来店不要

これが現在の「当たり前」となっています。

 

多くの金融機関では「即日融資かつ来店不要」のカードローンなどを商品化しています。わざわざ来店する必要がありませんので、多忙な方でも便利に使いこなすことが可能です。来店不要の申込では、主に「インターネット」を利用します。

 

各社のホームページ上では、必要項目を入力することで申込が完了するサービスが整っています。一般的には24時間受付していますので、日中お仕事で忙しい方でも落ち着いて申込を行うことができます。さらに、数項目の入力によりある程度借りることができるかどうかを瞬時に判断してくれる「事前審査」も取り扱っています。

 

本人確認書類や収入証明書類などの必要書類も、画像を送信することで対応できます。審査結果は早ければ30分程度で回答されますので、いらいらしながら数日待つこともありません。

 

無事合格した場合、その日に融資金を受け取る方法には次の2つがあります。

 

  1. 融資金を指定した金融機関の口座に振り込んでもらう→金融機関口座から引き出しする。
  2. カード受け取りを「店頭」もしくは「無人契約機」に指定する。

 

どうしても早急に融資金を受け取りたい方は、この2つの方法をあらかじめ指定しておくことを忘れないようにしてください。対応は金融機関会社により異なっていますので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

 

インターネットを利用した申込では、自宅に居ながら手続きを進めることができます。契約もパソコンを通じて行うことが可能になっています。また最近ではスマートフォンを利用した申込も普及しています。タッチパネル操作で簡単に手続きを行うことが可能です。アンドロイド・アイフォン両OSに対応したアプリが開発されており、外出中でも申込手続きを進めることができるようになっています。

 

このように「即日融資・来店不要」の金融商品は今後とも増えていくことが予想されます。本当に便利な世の中になったものだと関心させられます。

 

即日融資対応の消費者金融とは?

街中には大小数多くの消費者金融の店舗を見かけることができます。また主要幹線道路沿いには目立つ看板が掲げられている消費者金融の無人契約機を見つけることができます。これらの消費者金融のほとんどが「即日融資」に対応しています。素早い借入を期待するのであれば、消費者金融は第一候補といえるのではないでしょうか。

 

消費者金融の最大のメリットは、そのスピードにあります。申込を行うと、その場で審査が行われ、早ければ30分程度で回答結果を受けることができます。無人契約機でも、30分程度で審査が回答され、即借入カードが発行され、脇に設置されているATMやCDで現金を引き出すことができます。インターネットを利用した申込では、指定した金融機関の口座に融資金を振り込むこともできますので、その日に現金を引き出すことも可能です。

 

審査基準は、銀行カードローンなどと比較するとやや緩やかとされています。特に銀行カードローンでは厳しく判断されていた、複数借入の利用者に対しても数社程度であれば十分合格することができるようになっています。誰でも借入可能というわけではもちろんありませんが、返済能力があれば柔軟な対応を期待できるでしょう。

 

ただし消費者金融の借入は「総量規制」の対象となっています。すべての借入が年収の3分の1を超えることはできません。他社の借入を含めて、この基準を上回る申込を行っても審査に合格することはできませんので注意しましょう。

 

銀行カードローンと比較して適用金利がやや高い点も気になるところです。商品自体の最上限金利・最下限金利とも数%の差が、全体的に見られます。わずか数%の差でも大きな返済負担の差となりますので注意しましょう。特に初めての利用者の場合には、よほど条件がよくない限り最上限金利に近い金利設定となります。

 

ただし消費者金融の中には、初回利用者に対して「無利息」で融資を行うサービスが普及しています。一定期間の間、利息無しで借りることができますので、状況次第では金利負担無しでお金を借りることができます。

 

その他「レディース専用借入」「ポイントサービス」などの利用者にとって便利なサービスが充実しています。場合によっては銀行カードローンよりも使い勝手がいい商品もありますので、特徴をよく理解して比較しながら使い分けしましょう。

 

「即日融資」対応ということで、非常に気軽に利用できるのが消費者金融の最大の売りです。

 

金利が高い分、きちんとした返済計画を立てて、上手に消費者金融を利用するようにしましょう。

 

即日融資対応の銀行カードローンとは?

「低金利が魅力だけど、時間がかかるのがネック」銀行ローンについては、多くの方がこのような印象を持たれているのではないでしょうか。確かに消費者金融などの借入に比較すると、全体的に時間を必要とします。しかし、中には「即日融資対応」のカードローンも商品化されていることをご存知でしょうか?

 

最近の銀行カードローンの中には、申込を行ったその日に融資可能な商品も多くなっています。審査回答時間は最短で30分程度、早ければ1時間程度でまとまったお金を借りることが可能になっています。

 

申込方法としては、やはりインターネットを活用する方法が主流となっています。自宅に居ながらじっくりと手続きを進めることができ、必要書類などもパソコンから送信して対応します。審査結果はメールなどで回答され、無事合格すると店舗や郵送により借入カードを受け取りします。

 

融資金の受取は、カードで直接ATMやCDから引き出す他、銀行口座への振込にも対応しています。審査に合格すると瞬時に振り込まれますので、素早い借入や口座残高の不足にも対応することができます。

 

銀行カードローンの最大の魅力は、やはり低金利にあるでしょう。消費者金融などと比較すると、最下限金利・最上限金利ともに数%低くなっています。銀行の持つ豊富な資金量が利用者に低金利のローンを提供することが可能になっているのです。

 

資金量の豊富さは、そのまま借入額の大きさに繋がります。商品自体の借入限度額は、消費者金融などと比較しても高い水準にあります。たくさん借りることができることで多様な目的に利用することができるでしょう。

 

もちろん誰でも高額融資が可能ではありません。銀行カードローンの審査基準はやや厳しいとされています。特に他社で既に複数の借入を利用されている方は、やや厳しい判断を覚悟しておく必要があるでしょう。

 

ただし、銀行カードローンはいわゆる「総量規制」の対象外です。「総量規制」の対象となる借入では、年収の3分の1を超える借入が利用できません。

 

しかし「総量規制」の対象外である銀行カードローンでは、利用金額が年収による制限を受けません。そのため十分な返済能力があると判断されると、高額融資も可能となっています。

 

また収入自体が少ないパートやアルバイトの方でも、ある程度の利用ができるようになっています。事実多くの銀行では「即日融資対応のカードローン」を「総量規制の対象外」として大々的に宣伝を行い、人気を集めています。

 

最近では、ネット銀行のカードローンが非常に低金利であるとして人気です。ネット銀行は、基本的に有人店舗などを保有していません。人件費や管理費を削減できる分、低金利ローンへの還元が可能になっています。もちろん申込から融資受付まですべての手続きをインターネットで行うことができ、多くの先が「即日対応」しています。

 

普段から利用する機会の多い銀行だからこそ、安心して借入が利用できる。この安心感こそ銀行カードローンの最大の魅力といえるかもしれません。

 

「即日融資 ブラックOK」に惑わされるな!!

 

急な出費、どうしても早急にまとまったお金が必要なときには、「即日融資可能」という宣伝を掲げているカードローンなどが非常に便利です。文字通り、申込を行ったその日に融資を受けることができますので、人生のピンチを脱出する大きな助けとなるでしょう。

 

最近では消費者金融を中心として「即日融資」を大々的に宣伝している金融機関も多くなってきました。大小様々な金融機関では、顧客を獲得しようと魅力的な宣伝を掲げています。その中には「ブラックOK」という先もいくつか見つけることができます。

 

「ブラック」とは、過去に大きな金融事故を引き起こした方の総称です。長期の延滞(概ね3ヶ月以上)や自己破産、民事再生などの法的手続きを行った方を示しています。

 

これらの情報は「個人信用情報機関」の個人情報に一定期間保存されます。5年から10年は保存されており、金融機関の審査時にはこの情報が確認されることになります。一般的にはブラック情報が確認されると、審査に合格することはまず難しいといえるでしょう。

 

事故を引き起こしてから間もない方が、融資申込を行ったとしても、きちんと返済される可能性が低いと判断されるためです。そのため金融事故者は、一定期間金融機関の融資を利用することが難しい状態にあるといえます。

 

それでも「どうしても借りたい」という心理状況を利用する金融業者も存在しています。そのような業者が「ブラックOK」という宣伝を掲げるわけです。現在の法律では「ブラック」だからといって融資を行っていけない、という規定はありません。融資を行うかとうかは、すべて金融機関の判断にゆだねられています。

 

しかしブラックの方は、債務不履行になる危険性が高いといえます。それなのに融資を認めるには、なんらかの意思が絡んでいるはずなのです。「ブラックOK」という宣伝を掲げる業者の目的は「高い利息収入」にあります。これらの業者にとって貸したお金そのものが返済されることは、あまり重要ではないのです。むしろ一般的な水準をはるかに超えた「高い利息」が目的なのです。場合によっては利息の返済のために融資を続けることもあります。その後債務者が返済不能になると、その資産を根こそぎ返済に充てる手段を採っていきます。

 

「どうしても借りたい」という消費者心理を利用して巧みに勧誘するのが、このような「悪徳業者」つまり「ヤミ金」の常套手段といえます。中には暴力団関係者が出入りしている事務所も多く、一度関係を持ってしまうとお金を借りるどころか、自らの人生を壊しかねません。

 

甘い宣伝を掲げる業者には絶対近寄らないようにしましょう。

 

ブラック情報を保有されている方で、生活のためにどうしてもお金が必要な方は、国や地方団体などの公的機関に相談されることをおすすめします。

 

即日融資は収入証明不要なケースも!!

キャッシングやカードローンの申込では、必要書類を準備しなければいけません。必要書類をすみやかに、かつ確実に準備することか、借入の第一歩といえるでしょう。一般的に申込の際に準備しなければいけない書類は次の2点です。

 

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート など

 

収入証明書類
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 給与明細票
  • 確定申告書 など

 

これらの必要書類は会社は商品によって定められています。しかし急な出費が発生した場合、これらの書類を準備できない状況も起こりうるかもしれません。

 

このうち@本人確認書類を準備できないという方は、それほどおられないでしょう。一方、A収入証明書類を準備できないというケースは起こりうるかもしれません。

 

  • 会社から発行された給与明細を紛失してしまった。
  • 所得証明書を発行するのに市役所に行く余裕が無い。

 

どうしても早急に借入したい方にとって、必要書類が準備できないことは、非常に困る場合もあります。しかし、現在では「即日融資可能」なキャッシングやカードローンでも収入証明書の提出が不要とされている商品も登場していることをご存知でしょうか。

 

貸金業法における「総量規制」の定義では、貸金業者が利用者の収入証明書を徴求しなければいけないケースとしては、次のように定められています。

  • 貸出額が50万円を超える場合
  • 新規貸出額と他社の貸出額の合計が100万円を超える場合

逆にいえばこの条件以下の貸出であれば、法律上は必ずしも収入証明書を徴求する必要はないということです。

 

そこで多くの貸金業者では、借入希望金額次第では収入証明書の提出を不要としているのです。顧客の利便性を高めるとともに、審査スピードの向上につなげています。

 

「総量規制」の対象外である銀行カードローンの中には、借入希望金額がさらに高額のケースでも提出不要としている先もあります。200万円〜300万円、場合によっては500万円といった高額融資希望の場合においても、収入証明書の提出を不要としている先もあります。これにより素早い借入が可能となり、利用者側も安心して申込を行うことができるようになっています。

 

ただし借入希望金額が、提出不要金額を下回る場合でも、審査の過程で要求されるケースもあります。特に他社の借入がいくつか存在している場合には、審査の透明性を高める意味合いで、申込を行った後に提出を要求されることもあります。

 

いざという場合にあわてないためにも、本人確認書類とともに収入証明書類を事前に準備して審査に望むことをおすすめします。申込時に間に合わない場合でも、審査が進んでいる間にできるだけ準備できるようにしておきましょう。

 

即日借入の落とし穴

どうしても手元のお金が足りない。今日中にまとまったお金が必要。このような場面では、即日借入のカードローンやキャッシングが非常にありがたい存在となります。手軽に借入でき、しかも素早い借入が可能ですので、日常生活のピンチでは本当に助かることでしょう。

 

ただし、便利な反面、注意しなければいけないこともいくつかあります。自分でも思いもかけない落とし穴にはまることもありますので、十分注意して利用するようにしましょう。次に挙げる注意点をよく理解しながら、即日借入の便利さを上手に活用してもらいたいものです。

 

他の条件にも目を配る

どうしても早急に借りなければいけないことから、借入の条件をよく確認しないで申込みを行うことは非常に危険です。「即日融資」という文言だけに目がいかないようにしなければいけません。

 

金利、返済方法、返済期限などの借入条件は申込の前に必ず確認しておくようにしましょう。多くの先を比較・検討して自分の状況や生活スタイルにあった最適な先を選択することが大切です。「どこでもいい、とにかく早く借りたい」という考えでは、後々苦労することになるかもしれません。

 

あくまで「借金」であること

「即日借入」はつまり「借金」を利用することです。借りたお金は利息を合わせて返済しなくてはいけません。

 

「借りなければいけない」という気持ちが強く、ろくに返済計画も立てないで申込することは絶対に避けなければいけません。自身の収支状況をよく把握したうえで、無理の無い借入を心がけるようにしましょう。

 

また必要以上のお金を借りないようにすることも大切です。「どうせ借りるのだから大目に借りよう」という考えは、返済負担を大きくするだけです。借りるお金は最低限に抑えるようにしましょう。

 

甘い宣伝に惑わされない
  • 誰でも即融資!!
  • 無審査でその日にお貸しします!!

 

街中の金融業者にはこのような宣伝を掲げている先も存在します。非常に魅力的に見えますが、決してだまされないようにしなくてはいけません。

 

お金を貸すかわりに、高額な金利や手数料を請求されることになります。いわゆる「ヤミ金」である可能性が高い金融業者は、このような一見魅力的な宣伝を掲げて顧客を勧誘します。「どうしても借りたい、しかもすぐに!!」という利用者心理を巧妙に刺激するのです。

 

中には暴力団関係者が出入りしている事務所もあります。このような先に一度関係を持ってしまうと、なかなか逃れることは難しくなります。

 

自分の将来を失うことにもなりかねませんので、甘い誘いには決して惑わされないようにしましょう。