キャッシングの審査に落ちる人はいったいどんな人?

MENU

キャッシングの審査に落ちる人にはある特徴が...

どうしても現金が必要になり、消費者金融などからお金を融資してもらいたいという場合、気になるのが審査に通るか否かという点です。消費者金融会社は数多くありますが、いずれも明確な審査基準を公開しているわけではないため不安に感じてしまう人も多いでしょう。

 

もし事前にどのような審査が行われるかを知ることが出来たら、キャッシングの申し込みに非常に役立つことになります。そこで、大手消費者金融会社を始めとして銀行などで採用されているであろう実際の審査基準を確認してみました。

 

キャッシングやカードローンを申し込んだ際の審査内容や、どんな人が審査をクリアしやすいのか落ちやすいのかを知っておきましょう。

 

信用情報が原因で審査に落ちるケース

消費者金融でキャッシングやカードローンを申し込むと、その金融会社は必ず申込した人の信用情報をチェックします。信用情報とは信用情報機関という場所で管理されている情報のことで、金融会社が照会すればすぐに必要な情報を確認することができます。

 

具体的には、氏名や生年月日などの個人情報の他、過去に利用していたローンやクレジットカード、携帯電話の分割購入の有無や支払状況、さらに金融事故の有無を確認することができます。簡単に言うと、他の金融会社からいくら借り入れているか、他のローンはしっかり返済しているか、重大な金融事故を起こしていないかなどを調べられるのです。

 

この信用情報に金融事故の履歴が残っていると、銀行系など審査の厳しい金融会社であればまず審査をクリアすることはできないでしょう。その内容に関わらず、事故情報が記録されていた時点で審査もせず契約を拒否するという審査担当者もいるほどなので、心当たりがある場合は消費者金融系の会社を選んでおいた方が無難です。消費者金融会社であれば条件次第では審査をしてくれるところもありますが、会社ごとにどのレベルの事故まで審査対象としてくれるかは異なります。

 

また、消費者金融会社は総量規制を守る必要があるため、年収の3分の1までしかお金を貸すことができません。このため、他の借り入れで既にこの額を超える借り入れを行っていれば、無条件で審査に落ちることになります。

 

銀行系の会社であれば総量規制の対象外なのですが、それでも同じように年収の3分の1というボーダーを設定しているところが多く、審査をクリアできないことも珍しくありません。また、返済比率を重視している銀行も多く、全ての借り入れやローンの返済額が年収の何%に当たるかが重要となります。この他、他社への申し込み記録やその頻度、短期延滞記録の有無なども影響します。

 

収入や職業の影響

キャッシングを申し込んだ際は、氏名や住所、勤務先や年収など様々な情報を入力します。こういった情報が審査に大きく影響することもあり、まず安定した収入が無いと審査をクリアできないとされています。

 

金融会社によって安定した収入かどうかの判断は異なり、安定していると認められなかった場合でも、給与明細や収入証明書を添付すれば審査を通してもらえることもあります。収入の無い業主婦は申し込み自体を受け付けていないことが多いのですが、一部の銀行では配偶者に安定収入があることを条件として審査を通してくれるところもあります。

 

20歳以上で安定した収入があれば学生でも申し込むことはできますし、借り入れの内容によっては年金生活者であっても申し込みできる金融会社もあります。こういった場合は審査に通っても利用限度額が少なめに設定されることが多いので、注意が必要です。

 

外国人に関しては、在留カードを持っていることや日本語が理解できること、10万円以下の少額融資であることなどの条件を満たせばほとんどの消費者金融で借り入れが行えます。

 

また、正社員でないと審査に通りにくいと言われていますがそんなことはなく、派遣社員やパートなどの非正規雇用であっても安定収入や勤続年数などの基準をクリアしていれば利用可能としている会社が多いです。ただ、申込者が詐欺会社や暴力団などの反社会的勢力と呼ばれる団体に出入りしていた場合、確実に審査で断られることになります。

 

1つの会社に勤続している年数が短い人も、安定した収入が見込めないので返済が滞る危険性があるとみなされ、審査に落ちてしまうこともあります。非正規雇用で勤続1年未満の場合は特に審査に通りにくいので、注意しておきましょう。

 

他にも審査に落ちる条件はたくさん

借り入れを申し込んだ場合に審査で断られてしまう条件としては上記のような内容になりますが、もちろんこれが全てではないので他の項目でも審査に落ちてしまう可能性はあります。どんな条件の場合に断られてしまうのかというと、まず重要なのが在籍確認が取れるか否かという点です。

 

カードローンやキャッシングなどの申し込みを行うと、最初に入力した勤務先に本当に勤務しているかどうかを金融会社が確認することになります。このチェックを在籍確認と呼ぶのですが、詳しく見ると2つの方法で行われています。

 

まず1つ目は金融会社の審査担当者が、入力された勤務先に直接電話をかけ、申込者がいるかどうかを確認します。席を外していて電話に出られなくても、在籍していることが証明されれば問題なく終了となります。2つ目は申込者が勤務先へ専用の書類を出し、在籍証明をしてもらってそれを金融会社へ提出するという方法です。これらが完了しないと審査がストップしてしまうので、早めの対処が必要です。

 

また、最初の申込み時に虚偽の内容を入力すれば審査で断られる可能性が高まります。これはどの金融会社でも同じであり、例えば年収や勤務先、名前のふりがな等の基本項目を故意に偽ったり他人の名前で申し込む、本人確認書類などの提出書類を偽造するといったことが考えられます。審査の過程で虚偽が発覚すれば、その時点で借り入れは不可能となります。

 

この他、過去に行った借り入れの返済を踏み倒していることが分かれば、確実に審査に落とされます。その金融会社を利用したことがある場合は社内に記録が残っているため、踏み倒すだけでなく家族や友人など他の人に返済してもらった場合もすぐにバレて断られてしまいます。

 

まとめ

このように、キャッシングを行う際には様々なポイントで審査を断られてしまう可能性があります。過去に金融事故を起こして信用情報に記録が残っている場合や金融会社へのローンやクレジットカードの支払いを遅延させたことがある場合、短期間のうちに他の金融会社のキャッシングなどに申し込みを行った場合などはまず審査で引っかかることになるので注意が必要です。

 

さらに、安定した一定の収入が無い場合や収入が年金のみという場合、暴力団などの反社会的勢力に所属している場合や水商売などの場合も多くの金融会社で断られてしまいます。これらの項目に当てはまらない人でも、勤務先への在籍確認がうまくいかなかったり申し込み時に虚偽の内容を申告していれば信用度が足りないと判断されてしまう可能性もあります。

 

金融会社が提供しているキャッシングを申し込みたいなら、他の借り入れと併せた総額が年収の3分の1を超えないか、4社以上の金融会社からキャッシングしていないかなども注意しておく必要があります。

 

こういった審査に関する基準は金融会社によって実に幅があり、上記の条件に該当するからと言って絶対にキャッシングを利用できないと決まったわけではありません。該当する条件が多ければ多いほど審査で断られる可能性は高くなりますが、実際の審査では特定の条件だけでなく信用情報や基本属性など様々な情報をトータルで判断されることになります。

 

1つ1つの条件はそこまで悪くなくても、審査でマイナス評価となる条件がいくつも存在していれば審査をクリアできないこともあるので、油断は禁物です。審査に落ちやすい条件だけでなく、どういった人が審査に通りやすいのかも知っておくことが大切です。