ATMですぐキャッシングできるクレジットカードの機能を徹底比較

MENU

キャッシングの金利

ショッピングをする際にクレジットカードがありますと、現金を持たなくても良い、またポイントなどが付与されるなどのメリットがありますので、クレジットカードを1枚は持っている人は多いです。

 

クレジットカードにはキャッシングも利用できるタイプのものもあります。

 

キャッシングとはお金を借りることです。利用限度額は定められていますが、急な出費でお金が必要になった場合や、海外で現地通貨でお金を借入れる場合にはメリットがありますので、クレジットカードを作る際にはキャッシングの申込も併せてするとよろしいです。

 

キャッシングで一番気になるのはやっぱり「金利」

キャッシングを利用しますと、高い金利を負担しなくてはなりません。一般的には、利息制限法で定められた上限金利が適用されることになります。

 

つまり年利で18%となります。無料で利用できる期間を決めたサービスを提供している業者もありますが、基本的には日割りで金利が課されます。

 

ですから、出来る限り早く返済することが望ましいです。できれば一括で返済をしてしまえば金利負担は少なくて済むのです。どうしても現金が必要な場合には、キャッシングを利用せざるを得ない場合もありますが、出来る限りキャッシングは利用しない方がよろしいです。

 

金利については、過去に比べますとかなり安くなりましたが、それでも18%もの負担をしなければならないということは金利負担分でかなりムダな支出をしていると考えてもよろしいのです。カード会社によって適用金利は異なりますし、ゴールドカードなどを持っている場合には金利での優遇もありますが、預金金利と比較してみるととても高い金利でお金を借りなければならないのです。

 

キャッシングができるカードは、銀行系や信販系、消費者金融系がありますが、最も金利が安いのが銀行系のカードです。

 

キャッシングの限度額はカードによって異なる

キャッシングには利用限度額が設定されています。審査も必要になります。審査の基準としては、しっかり返済できる安定した収入があるか否かということです。つまり勤務先や勤続年数、収入や家族構成、他のローンなどの利用状況などを確認されるということです。

 

カード会社によって利用限度額の決定方法が異なりますので、一概には言えませんが年収の1割程度を利用限度額とする場合が多いです。限度額が多ければ安心できると思い、高い限度額を要求する消費者もいますが、少しでもキャッシングの金利負担の危険性から回避するためには、最低限の利用限度額に定めておいた方がよろしいです。

 

また、ショッピングとキャッシングの利用限度額は別枠となっている場合が多いです。ショッピングの金利は低いのですが、キャッシングの金利は高いということをしっかり理解することが必要ですし、限度額までキャッシングを利用することは避けなくてはなりません。

 

キャッシングはお近くのコンビニなどですぐに利用することができてしまうので、借金をしているという意識が薄れてしまい、自分自身の預金口座からお金を下ろしているという間違った感覚になってしまう可能性も高いのです。

 

返済方法と返済方式の比較

キャッシングの返済方法は、大きく分けますと一括払いかリボ払いという方法になります。一括返済の場合には、カード会社によっては金利負担をしなくても良い場合もあります。しかし、リボ払いの場合は日割りで高い金利が課されます。

 

リボ払いは返済期間を決めて、借入れ元本と金利分を返済することになるのですが、借入れ元本が残っている限り、ずっと金利負担をしなければならないので、長期間借り続けていますと、トータルではとても高い金利負担をしなければならないことになります。リボ払いは分割払いと同様だと考えて、金利のことを考慮しない人もいますが、リボ払いの仕組みをしっかり理解すべきです。

 

返済方法によって金利負担分が大きく異なるのですから、その方法をしっかり把握しておかなければなりません。カード会社によっても条件は金利や返済方法などは異なりますので、あらゆる業者のカードのサービスについて比較することが大切です。

 

借金は必ず返済しなければなりません。踏み倒したり、返済遅延を起こしますと、金融事故として信用情報機関という組織に登録されてしまいますので注意が必要です。

 

月々の最低返済

リボ払いでキャッシングの返済をする場合は、借入金額と金利、返済期間を考慮して月々の最低返済額が決定されます。

 

長期間に渡り返済する場合には、毎月の返済額は少なくて済むのですが、決して良い条件ではありません。キャッシングは日割りで金利が課されることになりますので、返済期間が長ければ長いほど、トータルでの金利負担は多くなってしまうのです。

 

月々の最低返済額を見て安心するのではなく、数年に渡りその返済額を負担しなければならないことを覚悟しなければなりません。万が一、毎月の返済が滞りますと、簡単に言いますとブラックリストにのってしまいます。

 

軽い気持ちで借りたお金が知らない内に膨大になり、毎月の最低返済額ですら返済できなくなることも考えられます。少しでも借入れ元本を減らすために、金銭的な余裕がある場合には、毎月の返済だけではなく、繰り上げ返済をして極力早く借金をなくすよう努力しなければなりません。

 

借金癖が付いてしまいますと、ついついキャッシングを利用するようになってしまいます。気づいたころには最低返済額すら返済することが難しくなりますので計画的に利用することが必要です。

 

クレジットカードでキャッシングする際は総合的に比較してから!

クレジットカードでキャッシングをする場合には、あらゆる観点からよりメリットのあるカードを選択する必要があります。判断基準としては、年会費や発行してもらうスピード、ポイント還元率、国内外の傷害保険に加入できるか否か、また付属のサービスとして電子マネーに対応できるか、ETCカードとして利用できるか否かなどです。

 

またATMを利用してキャッシングをする場合の手数料なども考慮に入れなくてはなりません。そして、初回利用から金利が無料になるサービスがあるか否かなども判断材料になります。ネットの比較サイトなどを見ると、ご自身のライフスタイルに合ったカードが見つかるはずです。しっかり検討するようにしましょう。

 

どんなカードでも良いから、とりあえず有名なカードにすれば良いと考えてしまうようでは、カードを有効活用することができません。ショッピングやキャッシングなどで利用できるカードは便利なのですが、金利の条件は異なりますし、どのようなサービスを享受できるのかということが大切です。極端なことですが、キャッシングを利用することを前提にしますと、金利についてはしっかり把握しておくべきです。

 

まとめ

ショッピング用として利用するカードならば、金利負担のリスクを考える必要はありません。しかし、キャッシングも利用できる状態で申込みをしてしまいますと、とても高い金利を課せられ、大きな損失を負わなければならなくなることもあります。しっかり金利の条件やサービス内容を総括して利用するカードを選択してください。

 

怖いことはキャッシングを利用しすぎて、リボ払いという毎月返済する方法でも、金利も含めた返済ができなくなってしまうことです。金銭的に余裕がある人は、キャッシングを利用する必要はありません。少々の金利を負担し、少しずつ返済できるならば、便利だと簡単に判断することです。預金金利は微々たるものですが、キャッシングの金利は見過ごすことのできない金利なのです。

 

借金は必ず返済しなければなりません。高い金利も負担しなければならないのです。キャッシングを利用する際には、しっかり返済計画を立てて、利用するべきです。ついつい借りすぎてしまい、返済ができなくなってしまえば、信用情報機関に金融事故として登録されてしまい、本当に借り入れが必要な住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどの審査に通らなくなってしまうのですから、慎重に利用しなくてはなりません。