自動車ローンの頭金を払うのと払わないのどっちが良い?

MENU

自動車ローンの頭金を払うのと払わないのとでは違いはあるの?

車を購入する際、一番いいのはすべての費用を現金の一括払いで払うことであり、それが一番悩まずに済みますが、ほとんどの人はローンを組んで車を購入することになります。

 

ローンを組むのだから別にまとまったお金はいらないのではないかと考える人もいますが、本来は頭金が必要となります。

 

その頭金の費用や本当に頭金はいるのか、最初にまとまったお金を用意しておくと何かいいことがあるのかなど、自動車ローンに関する頭金について知っておくことが大切です。

 

自動車ローンの頭金は必ず払うもの?

自動車ローンの頭金をどうしても用意できないという場合にはローンを組めずに車が購入できないのではと思われる人もいます。実際のところは、頭金がなかったとしてもローンは組むことができます。以前までは頭金が原則でしたが、最近では頭金なしのローンも増えてきました。

 

この背景には自動車ローンの金利の低さが関係しています。自動車ローンの金利は年数%であり、利息だけで見ればそこまで負担にはなりません。元金が減りやすく、安定して返済を続け、ボーナスの際に多く返しておけばすぐに返済が完了することになるのです。

 

頭金を払う人は全体の2割から3割程度であり、用意する費用としては自動車の10%から30%ぐらいが相場と言われています。

 

つまり、200万円の車を購入する場合には20万円から60万円までの頭金が相場となります。頭金がないと組めないケースとしては、年収を上回る自動車を購入する場合があります。

 

例えば、一般的なサラリーマンが外車を購入するという場合には、ある程度の頭金がなければローンを組めないということになるのです。もちろん、年収に対して年間の返済額の割合があまりに高すぎると返済能力を疑われ、頭金なしでは厳しくなります。

 

年間の返済額は年収の4割程度が目安となるため、そこから頭金をどれだけ用意すべきか決めることができます。また、年間の返済額には奨学金の返済やクレジットカードの分割払い、携帯電話の端末の月賦、各種ローンの返済費用も入ります。単純に自動車ローンの返済を考えると、かなりシビアに見積もりをしておく必要があります。他にもローンの審査の結果、融資額が必要な額に満たないケースには満たない部分のお金を頭金として用意することが求められます。

 

頭金を払うことの良い点と悪い点

頭金を払うことのメリットとしては、審査において有利に働くという点です。頭金を準備しているということは、それだけ自動車の購入に関して計画性がある、衝動的な買い物ではないということがわかります。そのため、返済もしてくれるだろうと融資する側の信頼も得やすく、実際に頭金を用意している人ほど返済を滞りなく行う傾向にあります。

 

次に金利面の優遇です。頭金があるかないかで金利が変わる金融機関が存在します。頭金があるだけで年利0.5%程度の優遇を受けられるところが多く、キャンペーンによってはこれがさらに拡大し、返済をより楽にしていくことができるようになります。

 

頭金で返済額が減ることでトータルで支払う利息にも大きな違いが出てくるようになります。頭金が全くない状態と頭金として50万円ほどのお金を用意するのとでは毎月の返済額が1万円程度違う場合があります。これは全体の購入額が200万円程度の場合によるもので、利息の総額を見れば最終的に数万円程度の差が生まれます。そうすることのメリットとしては年間の返済額がある程度圧縮されるというものがあります。

 

年間の返済額が圧縮されれば、自動車ローンだけでなく、別のローンも組めるようになります。

 

一方のデメリットとしては、自己資金でまとまったお金を用意することになる点です。

 

自動車の購入までに貯金をしておくことが求められます。また、頭金を用意することで融資における手間が色々とかかり、ローンを組む金融機関の口座にお金を移したり、ディーラーに支払った場合にはその残額の請求書を発行してもらい、金融機関に提出することになります。また、購入以外にかかる費用を工面できない可能性も出てきます。

 

頭金を払わない良い点と悪い点

頭金を払わないことのメリットとしては、自動車の購入時にまとまったお金がいらないということです。数十万円のお金を自己資金で用意するというのは色々と難しく、特に若者の世代はなかなか貯まりにくい傾向にあります。

 

そして、子供を抱える子育て世帯も同様で、自動車購入の費用をねん出するために現在乗っている車を売却して工面しようとする人が多いですが、売却費用が思っていたより増えなかったという場合には車の購入を断念するというケースも出ています。

 

頭金を払わないと最初から決めておけばこうしたことを気にする必要はありません。そして、手元に現金を残しておくことでローン返済などの家計管理がしやすくなります。余裕があれば多く返済するといったことも可能で、柔軟に返済をしていくことが可能となります。

 

デメリットとしては利息の問題があります。購入する車が高ければ高いほど金利の影響を受けることになり、返済回数が増えれば増えるほどそれだけトータルの金利の総額は増えていきます。家賃と同じような額を毎月返済していくというのは現実的ではなく、すると、数年かけての返済となります。

 

利息だけで見れば10万円以上多く支払うこともあるなど、頭金の大切さをここで痛感することになってしまいます。

 

また、二重ローンのリスクも検討することが大切です。新車は3年で車検を迎えますが、車検のタイミングで車を乗り換えるということをする場合、ローンがまだ残っている状態が想定されます。

 

二重ローンになるとそれだけ返済の負担は増すことになり、家計を圧迫する恐れが浮上します。返済期間を長く設定することでこのようなリスクがあることから、1つの車にどれだけの期間にわたって乗るかも大事になります。

 

まとめ

大事なポイントをおさらいすると、頭金がなかったとしても自動車ローンは組むことができること、頭金を払うメリットは多いが、デメリットもあること、払わないメリットは少なく、デメリットはかなり多いことがわかります。こうしたことが煩わしいからと用意できる現金以上の自動車は購入しないという人も中にはいます。

 

しかし、そのためには100万円以上の自己資金を用意し新車を購入するか、ボロボロの中古車でもいいので安い車を買うか、いずれの選択肢となり、どれもベストとはいえない状態となります。

 

頭金をもし用意するのであれば、最初に自動車費用の1割から2割を用意し、余裕のある月に多く返済するという、頭金を用意する場合、用意しない場合の折衷案のようなもので対応していくということが有効になります。200万円の車を購入するのであれば20万円から40万円の自己資金で済み、夏、もしくは冬のボーナスをそのまま頭金にあてることが可能になります。

 

そして、ボーナスが思った以上に多かったり、臨時収入があったり、生活のムダをなくして返済額を増やすことができればトータルの利息も圧縮することができるようになります。

 

自動車ローンを組む際には、少しでも金利の安いところ、お得に利用できるところ、何かしらの特典があるところで検討することが大切で、口座を持っているからそこでいいやというのではなく、様々な金融機関の自動車ローンを比較検討することが大切です。

 

そして、自動車に乗るであろう期間をあらかじめ設定し、その期間内で返済が終わるように返すことを心がけ、二重ローンにならないよう、細心の注意を払い、日々のメンテナンスを行って、売却する際に高値で買い取りできるようにすることが求められます。