即日で借りれる!10万から15万の即日融資する方法

MENU

10万から15万の即日融資する方法

「即日融資」と言えば、カードローンを申し込んだその日の内に融資を受けることが出来るサービスです。特に有名なものでは「消費者金融系カードローン」がありますが、基本的に大手の消費者金融系カードローンであれば、ほぼすべてが即日融資に対応していると考えていて問題ありません。

 

しかし、「ただ借りるだけではなく、少しでもお得な環境でカードローンを利用したい」と言った希望を持つ人は少なくないので、即日融資に対応しているかどうかということだけでなく「金利がどうなっているのか」という点についてもしっかりと確認しておきましょう。

 

また、即日融資を謳っているが条件が厳しいところなどもある為、「如何にして確率を高められるのか」を意識していきましょう。

 

全国対応のキャッシング・カードローン一覧

即日融資に対応しているカードローンとは言っても、全国対応なのか地域限定なのかと言った違いがあります。地域限定のものの中には非常に利用条件が優遇されているものもありますが、全国対応だからと言って必ずしも劣っているとは限りません。まずは、全国対応のカードローンにはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

 

大手消費者金融系には、アコム、モビット、プロミス、アイフル、ノーローンなどがあります。誰でも一度は聞いたことがある会社ばかりなので分かりやすいのではないでしょうか。他には、バンクイック、三井住友銀行カードローン、東京スター銀行カードローン、新生銀行カードローンレイクと言った銀行系カードローンもあります。

 

即日融資を受けるには条件がある

即日融資に対応しているカードローンであっても、「条件を満たしていない場合は利用できない」という点に注意が必要です。即日融資を利用する為に必要な条件は各カードローンごとに違っているので、まずは目的のカードローンで即日融資を利用する条件が何かを確認しておきましょう。

 

よくある条件として、ほとんどの状況で共通する条件は「融資対応時間内に手続きを完了する」ということです。振り込み融資、自動契約機・店頭融資、オンラインバンキングなどの方法ごとに対応時間が違うので、状況に合わせて方法を選択していくことが必要です。

 

また、「口座開設」が必要になることもあります。特に銀行系カードローンに多い条件ですが、事前に指定口座を開設しなければ即日融資が受けられない場合もあるので注意しましょう。

 

36のローンすべての「即日融資の条件」を詳しく紹介

詳細な即日融資対応時間は各社で違っているので、事前にそれぞれの公式WEBサイトで確認する必要があります。不確かな情報で対応してしまうと、最終的に「即日融資が実現できない状態」になる可能性があるので、間違いなく確認しておきましょう。

 

さて、よくある条件として「銀行振込み融資」、「店頭・自動契約機」のいずれを利用するのかによって違いがあります。まず、銀行振り込み融資に関してですが、振り込み手続きを14時〜14時50分までに完了すると言った条件が良く採用されています。

 

店頭や自動契約機を利用する場合であれば、それぞれの営業時間中に契約を完了することが出来れば即日融資を受けられると言った条件がほとんどです。

 

なかでもずば抜けて早き業者はどこ?

比較して考えた場合、銀行系カードローンの場合は対応が遅めになりやすい傾向があります。その理由として、「審査基準が高めであること」と「慎重な審査が行われること」などが挙げられます。利用環境が優遇されているが故の結果と言えばそれまでですが、契約完了までに数日を要することも珍しくありません。

 

対して、消費者金融系カードローンは対応が非常に早い傾向が強くあります。特に大手消費者金融が提供しているカードローンの場合は、そのほとんどが「最短30分審査」を行っているので、早ければ申し込み完了から1時間以内に融資までの全てを完了させることも可能です。

 

いずれにしても「確実に早いところはない」と考え、出来るだけ時間の余裕を持って申し込みをすることが必要です。

 

遅い時間でも即日融資に対応してくれるのは?

遅い時間でも即日融資に対応しているカードローンとして、その代表格となるのは「消費者金融系カードローンの自動契約機」です。

 

自動契約機は銀行系カードローン会社でも設置しているところはたくさんありますが、対応時間が19〜21時までと言った設定が多めです。これに対して消費者金融系カードローン会社の場合は、22時程度まで営業していることが多い為、結果的に即日融資に対応できる時間も長くなります。

 

ただし、一部の銀行系カードローンの中には「オンラインバンキングで24時間即日融資に対応」しているところもあるので、明らかに自動契約機の営業時間中に手続きが完了しない状況であれば、そういった方法を優先的に選択する方法もあります。

 

借りるなら返済時の利息を抑えたい!

冒頭でも書いた通り、カードローンを利用する時には融資スピード(即日融資)だけでなく、「返済時の負担」も考慮することが大切です。その為に何が必要なのかと言うと、「金利を低く抑える」ということです。

 

金利とは、借り入れに対してどの程度の利息(その他手数料などを含む)が発生するのかという割合を表示しているものです。例えば、100万円を金利10%で借入れた場合には年間10万円の利息が発生するということになります。月当たりの利息額に換算すると8千円ほどで、この金額を元金に加えて支払っていくことになります。

 

利息の計算方法や支払い方法には色々な種類がありますが、基本的な考え方は上の形になります。利息が少なければ返済は楽になるので、「出来る限り金利が低いカードローンを利用する」と言うことは非常に大切です。

電話対応の印象

電話申し込みをした場合はもちろんですが、「WEB完結」という方法を利用しない限りはインターネット申し込みでも自動契約機でも「オペレーターの対応」が関係してきます。仮に、非常に対応の悪いカードローン業者だったとしても、希望する融資を受けることさえ出来れば大した問題にはなりませんが、やはり「気持ちよく利用する」ということも大切です。

 

電話対応(オペレーター対応)の質は、大手消費者金融ならびに銀行系の場合はほとんどが「良い」という認識で問題ありません。専門の人材を集めているだけでなく、そこでの評価が会社の評価になることをしっかりと理解している証拠です。中小以下の消費者金融系の場合は、あまり対応が良くないこともあります。

 

即日融資対応業者の選び方まとめ

即日融資対応のカードローン業者を選ぶ時には、「何を重視するのか」をしっかりと整理することが大切です。

 

例えば、「とにかく早く融資を受けたい」と言うことであれば融資スピード(選択できる方法)を重視して選んでいけば良いでしょう。「返済の負担を減らしたい」ということであれば、出来るだけ金利が低いところを選ぶことで希望を叶えやすくなります。

 

大切なことは、「自分の希望を叶えることが出来るのか」ということです。極端に言えば、それ以外の重視するポイントは無いと言っても過言ではないので、しっかりと自分の置かれている状況を把握して「客観的に」希望を実現できる可能性が高い方法を選択していくようにすると、余計な負担を解消できます。

 

まとめ

10〜15万円のお金をすぐに借りたいという状況では、まず「即日融資に対応している」ということを前提にカードローンを選んでいきます。その後、「返済の負担がどのくらいになるのか」「完済期間がどのくらいになるのか」ということをしっかりとシミュレーションし、「無理の無い環境で利用出来ること」を確実にしていくことが大切です。

 

また、金額的にそれほど影響を考慮する必要はありませんが、「総量規制の影響」も多少は意識しておいた方が良いでしょう。年収に対する借入れ上限が制限される総量規制は、「債務総額」に対して影響を与えます。すでに別のカードローン業者から借り入れがある場合、少額融資であっても総量規制によって融資が制限されることもあるので注意が必要です。